トップへ戻ります  
 
トップ > お宅拝見 > 新築編

お宅拝見 新築編 

 
宇都宮市東峰町のK様のお宅をご案内します。
壁内通気断熱工法の『エアサイクルの家』のお住まいです。
 
■ DATA
 
 
■ 仕様
平成21年6月完成
 
在来木造エアサイクルの家
屋根:金属系屋根材
外壁:金属系サイディング
内部:吉野杉他無垢素材  
 
施工面積 1階 58.79㎡
       2階 33.12㎡
       TOTAL 91.91㎡  
Q1 新築のきっかけを教えてください。
以前、薪ストーブのある家に住んでいてストーブの暖かさ、ぬくもりを知っていました。
今度も家を建てる時も、薪ストーブは入れたいと思っていました。家づくりの研究をしているうちにエアサイクルの素晴らしさを知り、その両方を工事している阿部興業と出会い、建築現場も見学させていただき、決断しました。
Q2 住み心地、気に入っている所はどこですか?
 とにかく薪ストーブのぬくもりが最高です。
エアサイクルの効果で夏涼しく、特に冬暖かいです。
床材にスギの無垢材(圧密)を貼ったのですが、肌触りが良く、足元が暖かいです。圧密になっているので適度な硬さがありますが、キズが付く可能性もあり、手入れも必要なのちょっと大変かな。
Q3 これから新築をご計画されている方々にアドバイスをお願いします。
  エアサイクルはとにかくお勧めです。夏の猛暑もエアコンは必要です が、普通の断熱の家よりは快適かもしれません。うちの場合ですが、夏場のトイレでもそれ程暑くありません。冬場でも床があまり冷たくありません。エアサイクルは特殊な断熱なので初期投資はかかりますが、電気を使わない断熱なので、ランニングコストがかかりません。
 
■ 担当者からひとこと

インタビューありがとうございました。
 内装に良質な杉材をふんだんに使って落着いた空間になりました。
昔風の木の扉がなつかしい感じがします。それに対して壁内の見えない部分にはエアサイクル断熱を備えていて、夏涼しく、冬暖かい高性能住宅に仕上がりました。

ブログ『のりちゃん通信』でも紹介されています。
こちらもご覧ください。
 
エアサイクルの家
エアサイクルの家

暑さ寒さから家を守る外張断熱の家づくり。

宇都宮の住まいの話
薪ストーブのある暮らし
不動産情報
資料請求はこちら